attachee.net

秋になったらキノコ狩りへ

秋になったらキノコ狩りへ 味覚の秋になると恋しくなるのが、近所の山に生えているキノコです。天然の状態では得ているシイタケやシメジはすごく美味しいのです。何と言ってもスーパーで販売されているものと比べると香りが全然違いますし、食感もすごく肉厚で食べごたえがあるのです。もちろん秋になると近所の山でキノコ狩りをするのですが、自分たち素人が食べられるキノコを探すのは絶対に不可能です。この時はご近所にいらっしゃる野生のキノコに精通しているガイドさんに必ず同行してもらうことにしています。このガイドさんがいると安心して美味しい野生のキノコを大量に狩ることができるのです。秋になると山のあちらこちらにキノコが生えています。キノコ好きとしては宝の山に見えるのです。

シイタケやブナシメジなどを取っていると時々ですが、赤松の木の付近になんとマツタケが生えていることがあるのです。かなりラッキーです。しかも日本産の天然松茸ですので採れたときは本当に幸せです。でも、かなり貴重なものですので、本当に数年に一度くらいしか見かけることができないのです。それでも美味しい山に生えているシイタケやブナシメジを大量にゲットできるだけでも充分幸せだと思います。


Copyright(c) 2014 秋になったらキノコ狩りへ All Rights Reserved.